赤面山

 10月4日(日)、赤面山の山行に参加しました。赤面山(あかづらやま)は福島県と栃木県の境に位置し、那須連峰の朝日岳の北から東方に延びる支脈にある標高1701.1mの山です。山頂からは那須岳や甲子連山の眺めが見事です。スキー場跡からブナ林を抜けて展望の山頂を目指すコースが所要時間約1時間30分と手ごろなためか最も利用されています。「あかづら」とはなんともおもしろい名前ですが、その名の由来は分かりません。 朝5:45にせんげん台から6名、6:00に春日部から20名の合計26名がバスに乗車して出発しました。6:30に久喜ICから東北自動車道に入り、7:30に上河内SA、8:20に那須高原SAでトイレ休憩をし、8:40に白河ICで高速を降りて9:15に旧白河高原スキー場の駐車場に到着しました。 F井さんの音頭で準備体操をして9:30に登山開始です。今は使われてないリフトに沿った登山道をほぼ真っ直ぐに登って行きます。登山道は砂利道です。そして周りはススキだらけです。しばらく登ると紅葉が目に飛び込んできました。ナナカマドも真っ赤に色づいた実をたくさん付けておりました。途中から、赤面山の先にある前岳を目指して私を含めた7名が先を急ぐことになりました。スピードアップをして11:20に赤面山に到着しましたが、前岳まで行って戻るには時間が足りません。そこで男性4人だけ途中まで行って戻ってきましたが、お蔭で前岳側から見た赤面山の写真が撮れました。赤面山の頂上で昼食となりましたが、頂上は気温が低く寒かったので、急いでおにぎりを頬張りました。食事の後は、集合写真を撮って12:05に下山開始です。来た道を引き返します。下山のスピードは速く、13:35にバスが待つ旧白河高原スキー場の駐車場に戻ってきました。 登山の後は温泉です。福島県西白河郡西郷村の新甲子温泉「ちゃぽランド西郷」に行き、13:55~15:00まで温泉に浸かり、ビールを飲んで登山の疲れをとりました。 その後は、コンビニでお酒とつまみを買って、帰路につきました。15:40に白川ICから高速に入り、行きと同じルートで帰りましたが、バスの中では飲みっぱなしで、19:05にせんげん台に戻ってからは、いつもの反省会です。6人でいつもの中華食堂で反省会をして20:30の帰宅でした。 天気も良く、紅葉を楽しむ事ができました。リーダー、会計の3人のI藤さんはじめ皆様ありがとうございました。

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL