高指山・鉄砲木の頭

2月19日(日)、ハイキングクラブの2月山行で高指山と鉄砲木の頭に登ってきました。今年の冬は、例年より寒い日が続いていて天気予報は晴れですが気温は例年以下ということでネックウォーマー、毛糸の帽子なども用意しました。勿論、雪対策として軽アイゼンも持参です。今回の参加者は17名、せんげん台からは6名が乗車して6時に出発しました。車は圏央道、中央高速を走り山中湖村下原で下車、いつものように準備体操をして9時半過ぎに高指山登山口より歩き始めました。既に富士山は目の前に大きく見えておりました。近くで見ると意外と積雪が少なく感じられました。少し登っただけで体が熱くなり、ジャンパーを脱いで下着とシャツだけになりました。富士山を背にして登って行くとやがて高指山の頂上に着きました。皆で記念写真を撮り、今度は鉄砲木の頭を目指して歩き出しました。これまで晴れていた天候がこのあたりから変わってきました。雪がぱらつき出しました。その雪が徐々に増えていって切通峠辺りに来ると完全な雪になっておりました。もう富士山が見えません。多くの方がここでアイゼンを装着しました。雪の中の尾根歩きを堪能しながらしばらく進むと鉄砲木の頭の頂上に着きました。本来ここで山中湖と美しい富士山が拝めるはずでしたが、雪が降っていて富士山も裾野しかみえません。ここでお昼の予定でしたが、神社にお参りだけして下山となりました。下山を始めると徐々に天気が回復してきましたので、途中、ススキが群生している所で昼食タイムをとりました。そしてバスが待つパノラマ台駐車場に2時頃到着しました。そのあとは温泉です。当初石割の湯を予定しておりましたが、紅富士の湯に変更になりました。体が冷え切っておりましたので温泉は極楽でした。内湯で体を温めてから露天風呂にも入りました。お風呂とビールですっかり生き返りました。そして、バスの中でまた日本酒、バスを降りて反省会でまたビールをジョッキ2杯、いつものお決まりパターンで今回の山行も楽しく終わりました。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目