槍ヶ岳

2012年7月28日(土)~30日(月)、心待ちにしていた槍ヶ岳山行に参加しました。槍ヶ岳は、北アルプスにある標高3,180mの日本で5番目に高い山で、「日本のマッターホルン」とも言われる人気の高い山です。今年の山行計画が決まってから、年間カレンダーを作成し、1日平均約10㎞のウォーキングや週3日のジム通いによるトレーニングも続けてきて漸くその日が来ました。7月28日朝4時に起床、せんげん台駅発5時50分の電車に乗り、まずは春日部駅へ、ここで今回の参加者13名の内10名が落ち合いました。そして大宮駅へ、ここで残り3名が加わり13名全員で大宮6時50分発「あさま501号」で長野へ、8時5分に長野に着いて、8日15分に長野駅東口5番乗り場からバスに乗り上高地へと向かいました。上高地には予定より20分遅れて11時20分に到着。100円の有料トイレでトイレタイムをとり、11時30分に重いリュックを背負って出発です。梓川に沿って歩き出すとすぐに「かっぱ橋」です。テレビや写真などで幾度も見ておりますが来たのは初めてです。雪渓が所々にある山々が遠く前方に見えます。しかし、槍ヶ岳はまだ視界にはありません。上高地バスターミナルから歩き始めて45分経った12時15分に明神に着きました。明神の標高は1,425mです。槍ヶ岳山頂までは1,755mの標高差があります。明神で15分の昼食タイムをとり12時30分に出発、1時間ほど歩いて13時30分に徳沢に到着しました。徳沢の周辺は開けた草原になっていて、徳沢ロッジやテント場、徳沢園がありました。ここで10分間休憩して更に約1時間歩いて14時35分に横尾に到着です。上高地から歩き始めて約3時間です。横尾で小休憩を取ったあとは初日の宿泊地である槍沢ロッジへと向かいました。15時30分~18時10分の間ならお風呂に入れるということで、予定では槍沢ロッジに17時到着でしたが、40分早い16時20分に到着してしまいました。お風呂の魅力が皆の足を速めたようです。また、若手3名には槍沢ロッジの少し手前からピッチを速めて先に行ってもらい宿泊の手続きを先行して頂きました。お蔭で、ロッジに着くと荷物を降ろして直ぐにお風呂に入って汗を流すことができました。風呂上りと言えばビールです。外の椅子に腰かけて皆で乾杯しました。ビールの値段は生ビール1杯が900円、缶ビール500mlが750円、缶ビール350mlが500円です。こんなに高くて美味しいビールは、ここでなくては味わえません。お風呂とビールは、身体へのご褒美であり、今日の疲れを癒してくれました。槍沢ロッジは標高が1,820m、収容人数は150人です。食堂で夕食をとり、その後は、飲み過ぎない程度にまた酒を飲みながら皆と語らい、20時30分には消灯ですが、それより早く床に入りました。私は高山での山小屋は初体験です。女性も男性も同室、寝返りも打てない程の狭さ、いびき、歯ぎしり、雷や沢の水音。慣れてない私は勿論熟睡など出来ません。しかし、眠りは浅くとも横になれたので体力の充電はできました。昼間は降らなかった雨が寝床に入ったあたりから降り出して夜中前には止んだようです。翌朝3時30分頃の夜明け前に起きて外に出たら星が綺麗でした。 

2日目、朝5時に全員元気で槍沢ロッジを出発しました。前日の疲れは感じておりません。足の筋肉痛もありません。いよいよ今日、槍ヶ岳山頂に立てるかという思いで胸が躍っておりました。槍沢ロッジあたりからは槍ヶ岳頂上が時折見えます。そして昨日は緩やかな傾斜の登りでしたが、今日は傾斜がきつくなります。沢を渡ったり、雪渓の上を歩いたりも繰り返しながら登って行きました。タオルを沢の水で濡らして首にあてた時の気持ちよさは最高でした。2時間ほど登って7時を少し過ぎた頃、天狗原分岐に到着。槍沢ロッジで造って頂いた弁当で朝食をとりました。この辺りに来ると槍ヶ岳山頂は眼前に見えます。気になるのは天気です。雨は大丈夫そうですが、雲が現れたり消えたりで目まぐるしく変化します。頂上が見えていたかと思うと直ぐにガスで霞んでしまいます。それから、高山植物が沢山咲いていて綺麗でした。黄色い花ではシナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマキンバイ、クルマユリなど。白い花ではチングルマ、ゴゼンタチバナ、イワツメクサなど。紫色の花ではクガイソウ、ミヤマオダマキ、ミヤマトリカブトなど、その他の花もたくさん咲いておりました。今回は雷鳥の姿は見ることが出来ませんでしたが、イワヒバリを見ることができました。山頂に近づくにつれて傾斜がきつくなってきますが、頂上が目の前に見えていますので力もでます。予定通り11時に槍ヶ岳山荘に到着しました。この後は、槍ヶ岳山頂に登る者、大喰岳に行く者、明日に備えて休む者に分かれました。私は、早々お昼を済ませてから正午前に4人で山頂に挑みました。標高差100m程を約30分で登ります。岩をよじ登る感じです。鎖に摑まって登ったり、垂直のはしごを登ったりして、12時20分に3、180mの頂上に立ちました。勿論360度パノラマ展望ですが、ガスが出たり消えたりで景色も山々が見えたかと思うと直ぐにまた見えなくなったりです。頂上は狭く、次々と登山者が登ってきますから、長居は出来ませんので記念写真を撮ったら速やかに下山しなければなりません。それでも15分程度は粘ったでしょうか。途中渋滞もあって往復で約1時間半かかり13時15分には山荘に戻りました。槍ヶ岳山荘は、大規模な山小屋で650人収容です。この日も大勢の登山者で賑わっておりました。お風呂はないので、後は山荘周辺をウロウロして展望を楽しんだり、高山植物を鑑賞したり、ビールやお酒を飲んだりして夕食の時を待ちました。夕食後はまた山荘の周りをウロウロした後、明日のために早めに寝ましたが前日と同じ状況で熟睡とはなりませんでした。翌朝は3時に起きて外に出ると満天の星空です。星が大きく近くに感じられました。星座についてはうとい私ですので北斗七星、カシオペアくらいしか確認はできませんが、大小様々な数多くの星が輝いておりました。 

3日目、この日は槍ヶ岳山頂に登ってご来光を拝む者(9人)、大喰岳からご来光を拝む者(3人)、下山のために体力を温存して休む者(1人)に分かれました。私は昨日、山頂に登っているので大喰岳からご来光を拝むことにしました。ヘッドランプを付けて、山荘を4時10分に出発、25分で大喰岳山頂(3,101m)に到着しました。しばらく待って5時頃になると太陽が顔を出しはじめました。先程まで星空でしたのでご来光も拝めてきわめてラッキーでした。大喰岳の頂上からみて、槍ヶ岳の右の方に太陽が顔を出しましたので、槍ヶ岳もご来光も同時に視界に入ります。綺麗な光景でした。この後は急いて荷造りをして下山です。今日中に家まで帰ります。6時10分に槍ヶ岳山荘を出発し、来た時と同じルートで下山しました。雲一つない晴天で、槍ヶ岳の景色を惜しみながらストック片手に下りました。山荘で造って頂いた朝食を途中で食べて、前々日泊まった槍沢ロッジには10時10分に着きました。次の横尾には11時45分に着いて、ここでお昼を食べて、また直ぐに出発です。明神には14時丁度、上高地には15時丁度に着きました。途中、梓川でイワナが泳ぐ姿、猿が笹の芽を食べている光景も目にしました。上高地からはタクシーで「さわんど温泉」に行き、40分間で「梓湖畔の湯」で汗を流してビールを飲み、また同じタクシーに乗り17時15分に松本駅に到着しました。松本からは電車で長野へ、そして長野駅18時50分発「あさま548号」に乗り、大宮に20時49分に着きました。ここから東武線で春日部へと帰ってきました。私は、武里駅で降りてF井さんと二人で反省会をしました。さしみや焼き鳥などで生ビールをジョッキ3杯、たくさん反省をして自宅に着いたのが11時55分でした。あわや翌日帰宅となるところでした。 

初めての3,000m登山で、山小屋体験などいい経験ができました。天候は3日間とも晴れて雨具の出番なし、星空、ご来光も拝めました。そして怪我もなし、筋肉痛もほとんどなく、多少ふくらはぎに痛みを感じる程度で腿の痛みは全くありません。「槍ヶ岳バンザイ」です。これもI藤リーダー、F井さん他、皆様のお蔭です。ありがとうございました。 

 登山者の リュックの汗に 蝶止まる

 山頂へ 行くほど低い 花の丈

 雪渓の 隣の岩場は 花畑

 山頂の 岩場をつたう イワヒバリ

 雪渓の 上を舞行く コムラサキ

アオスジアゲハ

今日の午後2時現在の我が家の温度計は33度を指しておりました。どうせ暑いならと外へウォーキングに出かけたらもっと暑い。近くの中学校の校庭では真っ黒に日焼けした女子中学生達がソフトの練習をしていました。ウォーキングをしている見知らぬ私に「こんにちはー、こんにちはー、・・・」と皆が声をかけてくれました。

今日の写真は、アオスジアゲハです。飛び方は敏捷で飛翔力が高く、飛び回ってばかりいる蝶です。

明日は、いよいよ槍ヶ岳登山です。トレーニングは十分してきました。怪我をしないように気を付けて行ってきます。

蒲の穂とニイニイゼミ

昨日は蒸し暑い一日でした。そんな中22㎞のウォーキングを行いました。今回の写真は昨日の稲穂に続いて蒲の穂です。休耕田や堀の中に蒲の穂が生えていて、ようやく立派な穂になってきましたので撮影しました。奥の葉に蛙が止まっております。写真をクリックして拡大してご覧ください。

二枚目の写真はニイニイゼミです。梅の木の幹に止まって鳴いておりました。鳴いていなかったら見つけられませんでした。木肌の色と見事に同化しております。

尚、昨日のウォーキングで今年に入ってからの合計距離が2,100㎞を超えました。1日平均で10㎞に達したことになります。

稲穂が出てきました

昨日のウォーキングで稲穂を見ました。田植えから約3か月経ちましたが、まだほとんどの田んぼで稲穂を見ることができません。しかし、稲穂が出ている箇所がありました。稲穂には白い花が咲いておりました。

<< 1 2 3 4 5 >> 5ページ中1ページ目