紫陽花

 今日は午前中ジムで汗を流し、午後折り畳み傘を片手にウォーキングしました。昨日、梅雨入りしましたので今日は紫陽花の花を求めて歩きました。やはり梅雨入りが早かったので未だ色づいている花が少なく、大半はこれからです。

梅雨入り

 まだアジサイの花も色づいておりませんが、今日、関東地方も梅雨入りしました。平年より10日早く、昨年より11日早いそうです。これから約1か月近くジメジメした天気に悩まされることになります。

 一昨日の月曜日が18㎞、昨日が15㎞、そして今日の午前中が15㎞と毎日ウォーキングを続けていたのですが、一昨日、昨日とこれといった写真が撮れませんでした。しかし、今日は蛇の写真が撮れました。今日から梅雨入りですが、湿度が高く、ジメジメした曇り空の日にはよく蛇に遭遇します。今朝も田んぼ道をウォーキングしていると2度ほど蛇に遭遇しました。

 蛇が嫌いな方は、写真をクリックしないでください!

    

鹿俣山

 5月26日(日)、鹿俣山の山行に参加しました。鹿俣山は、群馬県沼田市上発知町玉原(たんばら)高原の標高1636.7mの山です。

 今回の参加者はゲスト参加1名を含めて総勢25名です。春日部観光の都合でバスは45人乗りの大型バスのため座席は余裕綽々でした。そして運転手はいつもの名ドライバーT山さんです。せんげん台組7名を乗せて6:00に出発、6:15に春日部で残りの18名を乗せ、6:45に久喜ICから東北自動車道へと入って行きました。8:25に沼田ICを降りて、9:00丁度に玉原高原のセンターハウスに到着しました。

 いつもの様にS原さんの音頭で準備体操を行い、9:15に登山開始です。すると私はカメラを入れたポシェットをバスの中に忘れてきた事に気づきました。既にバスの姿が見えません。バスは専用駐車場の方へ移動済みです。走って取りに行きましたが、直ぐに皆に追いつきました。歩き始めると直ぐにブナ林です。新緑のブナ林では鶯が盛んに鳴いておりました。思っていたよりも暖かいというより暑く、長袖1枚でしたが直ぐに汗が出てきました。足元にはスミレがたくさん咲いていて、クマザサがたくさん芽を出しておりました。ハルゼミも鳴いておりました。探鳥路を約20分進んで、太いブナやシナの木、ミズメの木などが密集するブナ平に着きました。ここで道が分かれ、右折して鹿俣山の方へ向かいました。しばらくするとスキー場が見えてきて、ゲレンデを出たり入ったりして進みました。ゲレンデの上の方に来たら雪が残っておりましたが、最近の暑さで雪が急激に溶けているようです。雪が消えるのも間近でしょう。ゲレンデの頂上を過ぎ、更に20分ほど歩くと鹿俣山の頂上に着きました。頂上到着は11:20でした。頂上は狭く、そこで15人ほどのグループが食事をしておりましたが、私たちが座れるスペースはありませんでした。記念写真だけを撮って、早々に下山しました。スキー場のゲレンデまで戻り、広々とした場所で昼食をとりました。下を見下ろすと玉原高原と玉原湖が見えます。遠くを眺めると雪のかかった上州武尊山(ほだか)が見えます。眺めよし、天気よし、空気よし、仲間よしの中でおいしい昼食を頂きました。腹ごしらえができて、ユキザサ、サンカヨウ、タムシバなどの花を愛でながら来た道をブナ平まで引き返し、ブナ平からは玉原湿原へ向かいました。湿原に近づくとムラサキヤシオが丁度見頃で目を楽しませてくれました。そして湿原に入り、木道を歩くと辺りの緑が一段と濃くなりました。水芭蕉の花は終わりかけておりましたが、かろうじて見ることができました。湿原を抜けると水場があり、冷たい水で喉を潤すことができました。そして14:30にスタート地点のセンターハウスに戻ってきました。正味4時間強歩いたでしょうか、しかし傾斜がなだらかで足の疲れはありませんでした。

 この後は、温泉入浴です。望郷の湯に向かいました。15:40~17:10まで1時間半ほど入浴をし、ビールを飲み、お蕎麦を食べて登山の疲れをとりました。そして、コンビニに寄りアルコールを仕入れて、沼田ICから朝と同じ道で一路春日部へと向かいました。バスに乗ると直ぐにお酌に来られる方がいて、ビールの缶、焼酎のコップ、日本酒のコップと置くところがない状態です。おつまみは次々を回ってくるし、時間のたつのが早く19:35に春日部に到着です。その後、19:50にせんげん台に着き、いつもの反省会をいつもの場所で行って、21時過ぎに帰宅しました。

 リーダーのI藤さん、サブリーダーのI川さん、会計のU川さん、O本さんはじめ皆様ありがとうございました。今回も120%満足の山行でした。

シオカラトンボとムギワラトンボ、他

 昨日は、一日中ゴルフ(2ラウンド)でした。そして今日は、午前中ジムで汗を流し、午後2時間半ほどウォーキングを行いました。

 写真は、ウォーキング中に撮ったシオカラトンボ、ムギワラトンボ、交尾中のモンシロチョウ、雄の雉です。

<< 1 2 3 4 5 6 >> 6ページ中1ページ目