アキアカネ

 今日は時間も見つけて10㎞ほどウォーキングすることが出来ました。

 写真はアキアカネです。秋も深まって赤トンボの数がめっきり減りましたが、今日のようなポカポカ陽気の日には見かけることが出来ます。

コスモスと蝶

 今週は月曜日から何かと忙しい毎日が続いていて、今日ようやく1時間ほどウォーキングをする時間がとれました。今度の金曜日に予定していたゴルフと日曜日に予定していた登山も取り止めです。来週末頃まで忙しいのでブログの更新がままなりません。ご容赦ください。

 今日の写真はコスモスの花にやってきたツマグロヒョウモンとヒメアカタテハです。

要害山

 10月26日(日)、前日から「キノコ教室」に参加していて、朝9:20に解散した後、只見駅の直ぐ傍の「要害山」に登ってきました。当初は新潟県魚沼市、三条市、長岡市にまたがる守門岳(すもんだけ)を登ろうとしておりましたが、時間的に無理があるので今回はとりやめました。ところが急遽、要害山(標高705m)に登ることにしました。

 只見駅前に車を止めて、9:55に南尾根登山口から登って行きました。天気も良く、紅葉も見ごろでした。山登りの準備はしてこなかったので、水だけ持って運動靴で登りました。10:40に頂上に着いてしまいました。それでも汗もかいたし、眺望も楽しめました。浅草岳や昨年登った蒲生岳、今朝歩いてきた只見ダムなどを眺めることができました。11:35に下山して帰りの途に着きました。途中で何度か車を止めて写真を撮ったり、お昼を食べたりして帰りましが、天気の良い日曜日で紅葉シーズンとあって塩原辺りから道路は渋滞になりました。結局帰宅したのは19時を回っておりました。

キノコ教室

 10月25日(土)~26日(日)、昨年に引き続き今年もハンディGPS専門店GPSストア開催の「キノコ教室」に友人と二人で参加しました。朝5時に車で春日部を出発し、途中で朝食を食べて、集合場所の福島県南会津郡の道の駅「たじま」に8時15分頃に到着しました。8時30分集合でしたが、丁度8時30分に全員が集合しました。中には4時ごろに着いて仮眠していた方もおりました。主催者からキノコ採りの説明を聞いた後、4班に分かれて、それぞれの場所に出発です。私たちは今年もS瓶さん(案内人)の第4班(11名)に参加して9時に道の駅「たじま」から目的地に向かいました。目的地は道の駅「たじま」から2時間かかりました。国道289号~401号~352号を通って途中のミニ尾瀬公園で車を6台から3台に集約して向かいました。到着した場所は燧ケ岳の近くです。かなり遠くまで来たのでキノコを採る時間があまりありません。急いで只見川沿いにブナ林の中に入って行きました。この辺は只見川のほぼ源流域です。しばらく登山道を進んでからそれぞれ横に散らばって、キノコ採りに林の中に入って行きました。枯れた倒木やブナの幹に注意しながらキノコを探しましたが、なかなか見つかりません。それでも辛抱強く探しているとブナハリタケやナメコが採れました。ナメコは纏まって生えているので運がよければ一か所でたくさん採れます。見つけたらまず写真を撮ってから収穫しました。キノコ採りは11:00~13:30まで行いました。キノコの収穫量は少なかったが、最高の天気で紅葉も楽しめて大満足のキノコ採りでした。その後は、帰り道の途中にある桧枝岐の温泉「燧の湯」で汗を流してから宿泊地である福島県只見町の「青少年旅行村 いこいの森 古民家 山中家」に向かいました。到着したのは17時でした。予定時刻を1時間ほどオーバーしてしまいました。既に他の班は着いていて料理の準備に取り掛かっておりました。それから1時間ほどして18時頃から料理が次々と出来てきて、囲炉裏を囲んでビール、日本酒を飲みながら食事&交流会が始まりました。今回が初めての参加の方もおられましたが、大半の方は1年ぶりの再会でした。キノコや趣味の話などで盛り上がっておりましたが、私は寝不足だったので少し早めに寝ることにしました。寝袋でごろ寝です。皆の話し声が夜中まで続き、煩かったのでまたしても寝不足です。

 翌朝は6時に起床しました。外は朝靄がかかっており、気温も低く、寒かったが一人でウォーキングに出かけました。近くの只見ダム周辺を歩きました。ウォーキングから戻り、7:30から朝食です。朝からお腹いっぱい食べました。朝食の後は8:30から長谷川先生によるキノコの鑑定と勉強会を行い、その後全員で記念写真を撮って9:20に終了、解散となりました。

 去年参加したときに来年もまた参加したいと思っていて、今年参加してまた来年も参加したいと思っております。皆さんまた来年お会いしましょう。

<< 1 2 3 4 5 6 >> 6ページ中1ページ目