今日は茨城県の方でゴルフを2ラウンド楽しんできました。

 今日の写真は狸です。

ツバメシジミ

 今日は18㎞のウォーキングを行いました。

 今日の写真はツバメシジミです。

モンキチョウ

 今日の午前中はジムでトレーニング、午後は2時間のウォーキングを行いました。

 今日の写真はモンキチョウです。

焼岳

 9月26日(月)、昨日の乗鞍岳に続き、焼岳を登りました。焼岳(やけだけ)は飛騨山脈の主稜線上にあり、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる標高2,455mの活火山で、別名は硫黄岳です。常時観測対象の火山に指定され、日本百名山に選定されています。火山である焼岳には、山頂付近にいくつかの火山火口とその周囲に峰が残ります。現在火口湖になっている正賀池を挟んで真南に岩峰の南峰、真東に北峰、北側には池の水面よりも深く抉れた爆裂火口があります。

 前日、乗鞍岳を登った後に中の湯温泉旅館に宿泊しておりましたが、夜中に雨の音がしておりました。5時に起きた時には小雨が降っていて、天気予報は曇り一時雨です。登ろうか止めようか迷い、少し様子を見ていましたが登ることにしました。

 小雨が降る中、雨具を着て6:30に岐阜県側の新中の湯登山口から登山開始です。新中の湯ルートは、登山口から頂上までの標高差が800m、距離が3.5㎞です。スタートして直ぐに勾配がきつくなり1時間ほど針葉樹林帯の中を登ると山頂部が仰げるようになり展望が開けてきます。そして、本格的な急坂が始まり、更にきつくなります。雨は降ったり止んだりでしたが、本降りにはならなかったので助かりました。紅葉は、思ったより進んでいて目を楽しませてくれました。山頂近くの登山道脇にはコケモモがたくさん咲いておりました。例によって、相棒のO尾さんは登山開始5分後には姿が見えなくなりましたが、頂上まであと30分位までの所まで登ってきた時、もう下山してきて、すれ違いました。私は9:10に頂上の北峰に到着です。一人の登山者がおりましたので写真を撮ってもらい、噴煙が上がる火口を覗き込んで下山しました。登山口には11:15に下山完了しましたが、相棒のO尾さんは1時間以上前に着いていたようです。

 昨晩泊まった旅館で温泉に入って帰ろうとしたのですが、入浴時間前で少し待たなければならないとの事でしたので、着替えだけして帰る事としました。私は下山が遅かったので食事をしておらず、旅館で作ってもらった朝食用のおにぎりを朝昼兼用で車の中で食べました。12:40に松本ICから高速に入り、早い時間帯でしたので順調に走っていたのですが、首都高に入ってから渋滞でルート変更などをして越谷には17時前の明るいうちに着きました。

 昨日登った乗鞍岳は登山というよりハイキングといった感じでしたが、今日登った焼岳はまさしく登山でした。頂上で噴煙を見て、硫黄の匂いを嗅ぎ、火山を感じました。紅葉、雲海などの景色も堪能できました。O尾さん、お誘い頂きありがとうございました。

<< 1 2 3 4 5 6 >> 6ページ中1ページ目